試行錯誤/trial and error

2020年09月24日 17:10

動画を制作するたびに生まれる悩み/troubles that arise every time someone makes a video

動画の制作をするたびに様々な問題が生じてしまいます。

例えば動画の繋ぎ目に使うエフェクト

編集側から見れば遊び心で入れても

YouTuber側からはイメージと違う的な意見が…。

また音声のズレの修正。

何時間も掛けて修正し動画を公開しても

音がズレていると指摘が入る。

100%の動画を作らなければ指摘される。

こちらも睡眠時間を削り、動画の編集に時間を使っている。

それでも毎回、小さなミスを指摘される。

しかし、この小さなミスを改善する為の対策を見つけ出すまでには時間が掛かる。

今までの編集の仕方では対応出来ないからだ。

今まで培った編集技術を別の角度から見る事で意外な方法で対応出来る場合もある。

自分の立場上、制作する動画は完璧なものを作らなくてはいけない。

その為に毎日、動画の編集について色々と研究をしている。

本当に動画編集は奥が深い。

昨日まで出来なかった編集方法が次の日には意外なやり方で解決出来たりする。

作業を見る視点を増やすには動画編集の経験を積むしかない。

Every time I create a video, various problems arise.

For example, the effect used to connect videos.

from the editor's point of view, even if it's for fun

YouTuber's opinion is different from the image...

Also, correcting voice slippage.

Even if you spend hours correcting and publishing videos,

It is pointed out that the sound is out of alignment.

If you don't make 100% of the videos, it will be pointed out.

I also spend less time sleeping and more time editing videos.

Nevertheless, small mistakes are always pointed out.

However, it will take time to figure out measures to improve this small mistake.

This is because the editing method up until now cannot handle it.

In some cases, it is possible to respond in an unexpected way by looking at the editing techniques you have cultivated so far from a different angle.

From my point of view, I have to make a perfect video.

For that reason, I do a lot of research on editing videos every day.

Video editing is really profound.

Editing methods that could not be done until yesterday can be solved in an unexpected way the next day.

The only way to increase the perspective of watching work is to gain experience in video editing.

記事一覧を見る